走高跳とわたし

中学生から陸上を続けています。私は、ハイジャンを通して多くのことを見て学びました。多くの経験をさせてくれた陸上競技に今は恩返しをする活動をしています。

中高生でもっと強くなりたい選手は先生に気に入られるべき

今日も練習会参加しまして、高校生からいろいろと質問されるわけなんですがそういう選手には僕の全てを教えてあげたいって思うんですよね。なんでかって教えるのが好きだから。

とはいえ、僕は好きで教えているわけで嫌々やってるわけではないんで練習会なんかで指導させてもらえるのはすごくありがたいことで、自分の指導力をあげるチャンスでもあるんで嬉しいわけです。こういう風に考える人は結構いると思います。とくに教員なんかはボランティア精神あふれる方が多いんでこういう考えの人多いです。

そして、最近はスポーツの指導に限らず勉強だって子供たちは先生を選べる時代だと思います。

となると、生徒たちは何もしなくても質の高いことが習えて、聞けて、知れて、それだけで学力やスポーツの成績なんか良くなる人もいると思うんです。

 

でも、もっと強くなりたいって思う選手。もっと勉強したいと思う生徒。

そういう人たちはもっと指導者、先生に気に入られるような行動とるべきだと思うんですよね。

 

なぜか?

それは練習会や教室で先生1人対生徒多数の場であっても先生は絶対に全員に平等には接することができないからです。

 

どんなにボランティア精神あふれる先生であっても絶対に誰かのためだけに時間を割くことが出てきます。(それはもしかしたら1度の練習会の中でたった3分かもしれないけども。。)

 

その時間を割かれる選手になると教えてもらうことの質が全然違うと思うんですよね。

 

やっぱり、多人数に教えようとすると一番ハマりやすい教え方をするんでそれぞれにとっては、自分にあてはめようとしたときちょっとズレが出てくると思うんです。それが1対1の時間があるとその人に一番ハマりやすい教え方ができるよう先生は努力します(うまくはまらないことも多いけどw)だからこそ1対1に持ち込めるようになった方がいいと思うんです。

元から強い選手は気に入られやすい?

僕はそうとも限らないと思っています。愛されキャラっていますよね?不器用でもほっとけないタイプの人。そういう人になる努力をするという方向性もいいかと思います。そう思うとこんな人は気に入られないなんていうのはあまりないんじゃないですかねぇ?

 

まずは質問をしよう

練習会に参加する選手は質問することを心がけてください。あんまり質問されまくるとほかの人もいるのでメニューを進められず、困ることもありますが基本的には1人でも多くの人にわかってもらう、できるようになってもらうためにやっているので理解を深めるための質問であればウェルカムです(少なくとも僕は)

 

てなわけで、富山県の高跳びやってる中高生はぜひまた練習会参加してくださいね!!